ブログ

【職業訓練校】 第二回観光・地域コミュニケーション科、開校のお知らせ

ウイルフラップ就業支援部からのお知らせです。
平成29年9月1日、前回の観光・地域デザイン科から名称を変え、第2回職業訓練校 観光・地域コミュニケーション科を開校しました。
本科は、平成29年9月1日から平成29年11月30日までの3ヶ月間、総勢10名の訓練生が石川県の歴史文化などを学び、国内外から来られる観光客に真摯に向き合う、地域コンソーシアム事業です。この訓練は、石川県が選考した機関に受諾し、離職者等の就職支援を行うものです。
今回は10名という定員人数に対し37名もの方にご応募頂き、厳正なる選考の結果、女性9名、男性1名の計10名で訓練校を開校する運びとなりました。

観光産業を支える人財の育成

北陸新幹線開通3年目を迎え、金沢の観光産業は増加する海外観光客の満足度の向上、宿泊・観光施設の人員問題等の課題を抱え、新たな転換期を迎えていると私どもは考えています。
観光・地域コミュニケーション科では、「金沢ブランドを作り、金沢のリピーターになってもらう観光産業造り」、これらの課題に正面から向き合える人材を育成します。

・ホスピタリティマインド
・観光業界全般の業務知識
・接客スキル
・接客・観光案内に関する語学力
・基礎的なパソコン技能
・石川県の歴史文化

などを専門講師から学び、観光業界全般で即戦力として従事できるように、石川県を訪れる国内外の観光客に対する「おもてなし」の基本スタイルを身につけることを目標としています。

観光産業に特化したカリキュラム

本校では、学科の授業で、CDAによる履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策などの就職支援、ビジネスマナーコミュニケーションやホスピタリティの基本、石川県の歴史・文化を学び観光に特化した語学力を身につけます。
特に前回の観光・地域デザイン科でご好評頂いた実技の授業では、外国人講師を招き、学科授業で学んだことを活かし外国人との会話から情報収集する語学実践、ツアー企画の提案などのプレゼンテーション力、Word・Excel・PowerPointなど必須IT技能を学びます。


CDAとは

厚生労働省のキャリア・コンサルタント能力評価試験として指定をうけており、国の基準を満たした確かな資格です。
個人の興味、能力、価値観、その他の特性をもとに、個人にとって望ましいキャリアの選択・開発を支援するキャリア形成の専門家です。

CDAについて詳しく知りたい方はこちら

本校で取得できる資格(任意・希望者のみ)
■ホスピタリティ検定試験3級
(ホスピタリティについて詳しく知りたい方はこちら
■Microsoft Office Specialist(MOS) Excel2013・Word2013
 (MOSについて詳しく知りたい方はこちら

総合人材サービス会社が行なう訓練校

これからの観光産業を支えるだけでは無く、幅広い分野で活かせる能力を育成しております。
観光産業に関する人財にお困りの方や、ご相談のある方はお気軽にご連絡下さい。



本件に関するお問い合わせ
ウイルフラップ金沢校 就業支援部 0120-367-055 までお問い合わせください。